fc2ブログ

第二話 RPGに使おうとしてたNO-NAMEがAKBと被った

ああ、大変だ!遅刻する!!

俺は確かに4:30に
友人と遊ぶ待ち合わせの約束をした。


ここから二㌔(腹観測機)の公園でだ。

そう、そして今は4:22分。
間に合わない___か?

いや、本気で行けば間に合わぬこともない、かつてメロスがした様に。

恐らく。多分。絶対。必ずだ!
間に合わぬとも間に合わせて見せる!

  アブソリュート
これは絶対だ!



凄まじい速さで俺は下り坂を駆け下りる___
あと半分、ってとこか?


風を切る轟音の中すら、アブラゼミの鳴き声が耳に響く。

凄まじい暑さの中も、風を切れば暑くは無かった。



もうすこし、のはず。

歩行者と擦れ違うことは無かった。


ここの下りの曲り角、公園が一つある。
そこはとても公園という事にすら疑問を覚えるほどの狭い公園だが、
その狭さゆえ逆に目立つ。

よーし、付いたー


ここにいるはずだ、奴は!どこの勇者だ俺は!

しかし、そこに友人は居なかった。


代わりとでも言うように、確かにそこに倒れているのは…



「お、…女の子……?」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tasumarin.blog.fc2.com/tb.php/84-3c3c1e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【RPGに使おうとしてたNO-NAMEがAKBと被った】

ああ、大変だ!遅刻する!!俺は確かに4:30に友人と遊ぶ待ち合わせの約束をした。ここから二㌔(腹観測機)の公園でだ。そう、そして今は4:22分。間に合わない___か?い...

  • 2012/06/08(金) 04:40:09 |
  • まとめwoネタ速neo