FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲリラ

先日、「即興小説」というのをやってみました。

15分以内に適当なテーマに沿って書くというものをやってみまして、
そこそこ出来がよかったので晒しますネ!

http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=193076

お題&題名 ワイルドな善人



彼は助けに来た、私を
ピンチだった、確かにそうだっただろう、ほんの数分前の出来事。
私はコンビニに遅めの昼食を買いに出かけた時だった。おなかがすいたな、おにぎり何にしようかな、なんて。
でもそんな腹ペコを突き破る凄まじい非日常が起こった。
現る強盗、滑るような動作でナイフを店員に突き付け、淡々と金銭を要求しドヤ顔をキメる。
そんな時だった、彼は助けに来た、私を。
筋骨隆々の筋肉の塊はコンビニのガラスの壁を粉々に粉砕し、お菓子やパンの棚が勢いよく飛んでいく。次にアイス用クーラーボックス。
しんしんと室内に降り積もるガリ○リ君の雪にプレミアム食パン。
彼は強盗のむねぐらを掴み、勢いよく投げ飛ばした。はじける炭酸。
強盗の持っていたナイフは宙を舞い、蛍光灯をガラスの破片に変えた。それに慌てふためいた店員は思わずおでんのケースを中身ごと突き飛ばし、青い新雪はたちまち秋色に染まっていった。
頭にのった昆布としらたきをぺろりとなめると、彼を眺めながらふふっと笑った。笑うしかなかった。
彼は善人であることは間違いない。それもマザーテレサ並みの完璧聖人なんだと思う。
でも少々ワイルドすぎるんだ…私はめちゃめちゃに破壊しつくされたコンビニの残骸を見て、今日もつぶやいた。

勢いで書いたので勢いがあってそこそこ読みやすいんじゃないかと思います。
てもこれ私の文章じゃないですねーて感じはしますが

ついでに最初のほうで非日常と言っておきながら最後は日常だった的な。

うーん…むつかしい

みんなも一緒にやってみたいものです。テーマ制限時間同じだと相当面白そう。
これ見たかたよければやりません!??

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tasumarin.blog.fc2.com/tb.php/240-fed917cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。